AIJO® Check Meter

メーター自動読み取りソリューション

メーター自動読み取りで巡視業務を効率化

アナログ/デジタルメーターを自動で数値化
巡視業務の稼働を大幅に削減します

サービス概要

アナログ/デジタルメーターにおいて、定期的に巡回し値を記録する必要があるものや
定点で常時監視が必要なものの数値読み取りを自動化します

これまでの課題

製造業などのお客様では、工場内等に設置されているメーターを定期的に巡視し、
値を紙に記録・システムへの入力を行う運用が存在します

稼働が高い

従来のメーター読み取り業務は
移動・読み取り・システム入力の必要があり
非常に稼働が高くなる
メーターの設置数が多いと、更に現場の負担は増大

従来のメーター読み取り業務

AIソリューション

アナログメーターまたはデジタルメーターの値をカメラで読み取り、自動で数値化することで
メーター巡視業務にかかる稼働を大幅に削減します

複数の撮影方式に対応

撮影方式は固定カメラによる定点監視
タブレット・スマホ等による巡回監視にも対応

検針タイミングも柔軟に対応

撮影タイミングは定期実行だけでなく
リアルタイムで監視しアラートを上げることも可能

高精度な読み取りを実現

AIによる画像解析、及び独自のノイズ除去技術で
高精度な読み取りを実現

製品種別と価格

品名 定価(税込) 対象メーター
AIJO® Check Meter [A]  SDK ¥550,000 丸形のアナログメーター (例:圧力計、温度計など)
AIJO® Check Meter [D]  SDK ¥550,000 7セグメント表示デジタルメーター (例:電力計、速度計など)

ご利用の流れ

解析サーバにSDKをインストールいただき、メーターの画像を読み込ませると数値を読取ります
当社で全面的なシステム開発も承りますので、ぜひご相談ください

SDKインストール
ご用意いただいた解析サーバに
AIJO® Check Meter SDKをインストールします
設定
SDKに含まれるメーター情報登録ツールを
用いて必要な情報を登録します
AIによる解析
解析APIにメーター画像を送信すると読取数値を返却します
読取数値の活用
返却された数値はお客様が開発されたアプリケーションにて、レポートの出力や閾値を超えた場合にアラートを発出する等
ご活用ください



ご利用イメージ図

サンプルアプリ(丸形メーター)

対象のメーターがAIJO® Check Meterで読取可能かお試しいただくため、
無料のサンプルアプリをご用意しています

Google Play で手に入れよう Download on the App Store

紹介動画

お問い合わせ・資料請求はこちら

PAGE TOP